<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLOOD+ 33話 信じるチカラ | TOP | これからどうなる…? >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -


BLOOD+ 34話 俺たちのいる世界
今週はリアルタイムに見られなかったので、録画。
しかしちょうど終わった頃に時計を見て戦慄。本編を見たら案の定予告は録画されておらず―
今回の待ち受けは何だったんだろうか…
まぁ嘆いても始まらないので感想いきます!

翼手を倒すといきなり倒れる小夜。
ここで受けとめたのがカイだったらどうしようかと思いました。(いや、べつにどうもしませんけど)
ルイス「小夜はちゃんと食ってるのか?」
ハジ「・・・・」

ちょっ、ハジ!ちゃんと小夜にご飯食べさせてあげないと。けれどハジ好きなら一度は思うこと。ハジのご飯は?ハジがいつか干からびるのではないかと最近本気で心配です。


グレイの家で眠る小夜。モニークが頬に触れようとした瞬間にかっと目を見開いてモニークにつかみかかる。
目を開くときの効果音が、死んだと思った化け物が実は生きてていきなり目を開くときの音みたいでした(笑)
カイ「ここは安全なんだ!」
小夜「(カイをスルーで)ハジは?」

この一年二人だけで過ごして、絆が深まったのですね!!ここで真っ先にハジを呼んでくれて嬉しいです!でもハジ、自分の名前が呼ばれてから一瞬で部屋に入って来ましたけど、まさかドアの外でずっと待機してたんですか?
どうせなら部屋のなかにいて、寝ている小夜の頭を撫でるくらい…爆
予告の手がハジだったらと何度思ったことか―笑
カイ「着替えるのか?だったら俺…」
小夜「……」
小夜はそれに答えず、着替えをはじめる。
小夜を手伝うハジ。
またもやスルーです。何かしら答えてあげないとカイがかわいそうです。
でも部屋には、いるんですね。後ろ向いたってダメですよ。普通女の子が着替えをすると言ったら部屋から出ていくものですが。
小夜はハジに着替えを手伝ってもらうほどの関係になったんですね。ほんっとにこの一年何があったのか知りたいです。視聴者の想像に任せたら妄想が膨らみ放題ですよ、I.G.さん!


そんな中、一人白昼から酒を飲むデヴィッドさん。納屋の後ろでハジのカウンセリングです。
デヴィ「不思議だな。沖縄でも、ベトナムでも、血みどろの甲板でも。あんたはしっくり馴染んで見えるんだからな。」
ハジ「生きるすべですから」
デヴィ「皮肉じゃない。誉め言葉にも聞こえないだろうが。」
ハジ「あなたは違和感のベールをまとっているのですね、デヴィッド。」
デヴィ「俺は何処にもなじめない」
ハジ「皮肉じゃありません。」
デヴィ「いいさ。」
ハジ「戦うことを、やめたのですか。」
デヴィ「銃をこれに持ちかえてな。」
ハジ「好きには見えませんが。」
デヴィ「あんたは俺のカウンセラーか?」
ハジ「いいえ。私の率直な感想です。」

笑った……?笑いました?笑ったんですね!?
信じられずに3回も巻き戻しちゃいましたよ。さわやかでした…。
この後デヴィッドは翼手と戦ったのですから、ある意味ハジはカウンセラーだったわけです。(実際戦う決心をさせたのはグレイのようですが)170年も生きていると人の心をよく理解できるようになるのでしょうか。

モニークを翼手が襲う。小夜は刀が見つからない。カイが銃弾を撃ち込むが、時間稼ぎにしかならない。その時デヴィッドの声が。
デヴィ「ほら来いよ!」

かっこいいよ、デヴィッドさん!荒い言葉遣いも素敵ですv
襲ってきた翼手の牙を銃で受けとめるデヴィッド。
さすが不死身です。一年も実践から離れていて、その上酒ばかり飲んでいたのに、翼手を受けとめるなんて怪力過ぎます。確かベトナムでは仔翼手を受けるのでも精一杯だった気が…。
まぁ、ここで死んでしまっては困るので無事でよかったですが、そこら辺の設定が少しあやふやです。

そこにようやく小夜が。ひらっと翼手にまたがり、包丁を背中に突き立てる。翼手は暴れるが、余裕で着地。
今までにない動きで、かっこいいです。ただ刀を振り回すだけではなく、こういうのを私は待っていました!新しい髪型のせいもあってか、戦う小夜がきれいだった…。
しかし瀕死の翼手はなおも小夜につかみかかる。しかし小夜は微動だにせず、
「すぐに楽になるからね…」
そして翼手は崩れおち、結晶に――

…悲しい。
翼手が死んで悲しいと思ったのはたぶん初めてでした。小夜、本当に変わりましたね。自分の妹の血で作られる翼手は、自分とも血のつながりがあるということです。それを殺さなくてはならないのですから、悲しい運命です。種の女王としての言葉だったのだと思います。
そういえば…
その間ハジは何してたんですか?どうしてあの場にいなかったんでしょう。いたのに映らなかっただけ…?

次回予告
ジェイムズとコープスコーズに苦戦を強いられるシフ。仲間の二人にソーンが表れている。小夜に助けを求めるルルゥ。
一度は協力を拒んだシフと小夜は協力するんでしょうか。
来週はラストにつながるアンシェル達の計画が発動するそうなので、必見です!
00:16 | BLOOD+ | comments(0) | trackbacks(1)


スポンサーサイト
00:16 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kurisu-green.jugem.jp/trackback/12
トラックバック
2006/06/08 5:06 AM
Episode−34:俺たちのいる世界 小夜との再会を果たしたカイ。しかし小夜はよろめき倒れてしまった。介抱のため小夜をグレイの家に運ぶが、其処に翼手が襲い掛かって来てッ?! 今夜は小夜の台詞に号泣ッ! 「大丈夫…直ぐ楽になるからね」 小夜の血
花鳥風月